top of page

東京都立大学への改名に学ぶ、”育てたブランド価値”理解の重要性

2018年8月24日、東京都が設置する「首都大学東京」の名称を、かつて使用していた「東京都立大学」に戻す形で改名することが発表されました。改名は2020年4月を予定しており、名称変更に伴い、学生証や看板、広報物や書類などの変更が必要になり、その費用は少なくとも税金が10億円以上かかるとも言われています。この改名は知名度の低さや、在学生や卒業生による不評の声を受けて決定された形。

首都大学東京の沿革

 

首都大学は2005年に東京都立大学が他の3大学と統合した際に、当時の石原慎太郎知事が名前を公募して命名されましたが、実は公募で一番多かったのは64%で「東京都立大学」だったのに東京都はこの結果を無視し、石原氏の意向で名称変更を決定し、日本で唯一「大学」の語が末尾に付かない大学が誕生しました。

[su_table]2005年「首都大学東京」誕生2011年3月31日「東京都立大学」の廃止2018年8月24日大学名称を2020年4月より「東京都立大学」に改称することを発表

[/su_table]

日本の商標データベースであるJ-PlatPatでは、公立大学法人首都大学東京より、2018年07月12日に「東京都立大学(商願2018-090279)」の出願が確認できることから、2011年の廃止に伴い一度商標を廃棄しており、改名に伴い新たに出願をしたことが伺えます。

改名に見る、ブランド価値の重要さ

 

キリンラーメンが「キリマル」に改名