top of page

2017年出願商標から見える、最も勢いのある企業〈アパレル業界ランキング〉

「技術」を守る特許とは違い、「ビジネス」を守る商標からは、今後のビジネス化動向を予測することが可能です。

世界最大の商標データベース「GlobalBrandDatabase(以下略GBD)」を活用したビジネス予測最新情報をお届けいたします。

[su_heading size=”19″]出願商標から見る将来のビジネス予測最新情報[/su_heading]

”被服及び履物”などが対象となる第25類を指定し、2017年に出願された商標は149,936件。その内、出願件数の多い権利者TOP10はこちら。


1位 NBA

319件の出願件数で1位だったのは、北米プロバスケットボールを運営するスポーツ団体NBA(http://www.nba.com)。


NABが2017年に出願した総出願件数は552件。その内、”被服及び履物”などが対象となる第25類を指定した出願が319件と1番多くの出願を行っており、これは、NBAの主事業内容である、”スポーツ及び文化活動”などが対象である41類の270件を大きく上回る数字であることがわかります。