top of page

AIで世界トップをねらう中国 出願状況においても存在感が際立つ中国企業勢

「OK Google!」という音声で操作ができるGoogle Homeスピーカー。CMで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

このような人工知能(AI)を搭載した商品が販売されるなど、なんだか遠い存在に感じていたAIが、より現実的なものに感じはじめました。

新聞の一面に”AI”という文字が並ばない日はないのでは?と感じるほど。

そんな大注目の「AI」を商標出願の観点から、ご紹介させていただきます。

[su_heading size=”15″]AIの出願動向とは[/su_heading]

世界最大の商標データベース「GlobalBrandDatabase(以下略GBD)」で、指定商品名に“artificial intelligence(AI)”を含む商標出願は、4,579件。その内、2017年に出願された件数は2,557件で、過去最高の出願件数に。2018年に入ってからの出願も既に56件と、出願件数の多さからも「AI」の注目度の高さが伺えます。

直近の出願からさかのぼり出願者を見ていくと、あることに気づきました。中国企業の出願の多さです。

中国政府は、3年以内に人工知能「AI」分野において米国と肩を並べ、2030年までに世界のリーダーになると目標を掲げ、包括的な新戦略を打ち出しているといいます。その勢いを感じさせるような、中国企業の存在感をデータベース上で感じます。

以下、中国企業3社に焦点を当て中国企業の「AI」出願動向のご紹介をさせていただきます。

1.テンセント(Tencent)

こちらは、アジア企業の時価総額ランキング上位10社。頂点に君臨しているのがテンセント社で、中国の大手IT・ネットサービス企業です。


テンセント社の出願は4件確認でき、9類を指定しAIの出願を行っていました。