top of page

PB(プライベートブランド)先進国「イギリスのビッグ4」から見える商標取得傾向とは?

イギリスでは「自分で店を選んでいる」という感覚が得られないことに不満を感じる国民性を持っています。 仮に、家の近所にスーパーがあっても、立地の有利性があるだけでは「買わされている」感が強く、それだけのメリットでそのスーパーを利用することはないと言われています。 その分、自ら「利用する」と決めた企業に対しての支持意識は強く、売上規模などにかかわらず、自分の利用する企業が「No.1」だと思う傾向があるようです。以上の事情から、メーカーよりも小売業者の力が強くなり、NB(ナショナルブランド)よりもPB(プライベートブランド)に対するイメージが高くなります。イギリスのビッグ4の各企業でもPB比率はそれぞれ45~50%と非常に高いシェアを占めています。

イギリスのビッグ4と呼ばれている小売業各社が展開するプライベートブランド商標についてをピックアップをし、先進国でのプライベートブランド商標取得傾向のご紹介をさせていただきます。

1.テスコ(TESCO)


画像出典:https://www.tesco.com/、https://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/epic/tsco/11112704/Tesco-warns-profits-overstated-by-250m-as-it-uncovers-serious-issue.html

英国最大手の小売業であり、世界で3番目に高い売上を誇ります。 労働者~中流階級の幅広い支持を得ており、「英国民に最も愛されているスーパー」と言われています。

テスコを代表するプライベートブランド名「ファイネスト(Finest)」を、世界最大の商標データベースであるGlobalBrandDatabaseで検索した結果、が下記の図です。EUIPOでのヨーロッパへの出願とマドプロでの出願を行っていると共に、幅広い区分での権利化をしていることがわかります。


TESCO STORES LIMITEDが権利者の商標件数は618件あり、各国への出願件数は下記図の通りとなっています。ヨーロッパが圧倒的に多い結果ですが、その他の国へも注力をしていることが伺えます。イギリス、タイ、ポーランド、ハンガリー、マレーシア、トルコ、日本等、ヨーロッパのみならず世界各国への展開をしている世界流通大手である風格が伺えます。


また、小売り業のメイン区分35類での出願が圧倒的に多い35類の145件を筆頭に、30類や9類での出願が多い結果となっていました。

「ファイネスト(Finest)」以外のブランド名、0Healthy Living(12100467)や、Organic (928858)の出願も確認でき、プライベートブランドだけでなく、カテゴリー毎に特化したブランド展開をしていることが伺えました。


2.アズダ(ASDA)